HOME > コーディネート提案 > vol.3 自然を感じる、料理と器のハーモニー

TABLE COORDINATION コーディネート提案

vol.3 リゾート気分で迎える気楽なホームパーティー

  • idea01
  • idea02
  • idea03
  • idea04
  • idea05

IDEA

01
お客様は気楽に、サハラプレートにはオードブルを、ボサノバの大きめなプレートにメインを各自でとって召し上がっていただきます。
使用アイテムA+BItem List

pagetop

01
ウェルカムの気持ちを伝えたくてケーキプレートにフルーツと花を盛り付けました。クロスと色を合わせたらテーブルの上が明るくなりました。
使用アイテムCItem List

pagetop

01
テーブルコーディネートする時は、グラスやキャンドルスタンドの高さに気をつかいます。高低をつけてリズミカルなセッティングを。
使用アイテムA+BItem List

pagetop

01
クラフトワイヤー1本で結んだだけのキャンドルアレンジ。お料理で忙しくても生花は欠かせません。手軽なおすすめアレンジメントです。
使用アイテムEItem List

pagetop

01
サハラのボールは和モダンに良く使いますが、今日はリゾートのイメージで竹のカトラリーでアジアンカジュアルに合わせました。
使用アイテムA+B+CItem List

pagetop

Item List
itemlist
A.アトラス スクエア プレート 30cm/¥7,020 B.サハラ サービングピース 40cm/¥9,720 C.アトラス プレート 32cm/¥5,940 D.マラケッシュ スクエア プレート 30cm/(2011年冬期限定/販売終了)

pagetop

Episode
成澤由浩
国籍もジャンルも問わない。料理を選ばないプレート、ナハトマン。
自分自身飽きやすい方だと思うのでしょっちゅう器を変えていますが、ナハトマンは、なぜか飽きがきません。どんな料理と合わせても、決して料理の邪魔をしない。フレンチでも和食でも、自由に表現できるプレートです。

料理人の視点で見て、軽すぎず、重すぎず、厚すぎず、薄すぎず、、、本当に丁度いい“加減”なんです。耐朽性も高く、思いっきり落としたりしない限り割れませんし、ガラスですが安心して温めることもできます。ガラスのプレート=冷たい料理のイメージをもっている人も多いかもしれませんが、そこにこだわる必要は全くないと思います。ウォーマーに入れておけば温度のもちもいいので、温菜のプレートとしてもよく利用しています。

実際に使っていると何かと便利なので、このプレートは単なるガラス職人ではなく、料理のプロの気持ちを分かっている人が設計しているんじゃないかと思ったりします。ぱっと見た感じの高級感はもちろんですが、使っていると加工の精密さに完成度の高さを感じます。料理人としては、とにかく“使い勝手のいい”プレートですね。
成澤由浩  ナリサワ/シェフ
東京・南青山「NARISAWA」オーナーシェフ。「サスティナビリティーとガストロノミーの融合」をテーマに、自然保護に関わる料理を表現し続ける。2011年50ワールドベストレストランにおいて12位にランキング。3年連続ベスト オブ アジア賞を受賞。
url

pagetop

archives
vol.1
vol.2
vol.3
vol.4
vol.2

このページのTOPへ